仮想通貨の代表格!ビットコインのメリットについて

発行母体がなく、権利が集中しない

一般的な通貨は、国が発行母体となっており、国の裁量で通貨の供給量を自由に変えられることができますので、通貨の価値が変わってしまう恐れがあります。しかし、ビットコインの場合は、発行母体がなく、誰かの権力に依存する通貨ではないため、価値が不当に下がってしまう恐れはほとんどないと言えるでしょう。権力が関係すると、必ずそれに利害のある団体や国が発生しますので、通貨の価値を維持できる一つの要素となっています。

手軽に送金ができ、手数料も格安

ビットコインは、インターネットの取引所で実際の通貨と交換することができ、送金したい人のIDさえ分かればいつでも瞬時に送金することが可能になっています。海外送金をする場合は、銀行で多くの手数料が取られますが、ビットコインの場合は、実際の通貨ではないため、銀行を介する必要もなく、手軽に送金することができ、なおかつ手数料は銀行の比ではないほど格安になっています。海外に居住する方にもシームレスで送金できるのは非常に便利ですよね。

カントリーリスクとは無縁の存在

ビットコインはどの国に属することもなく、極めて中立な存在の仮想通貨となっていますので、カントリーリスクとは無縁の存在です。国の通貨は、その国の経済状況が悪化した場合は貨幣価値が低くなり、為替取引上で損失になってしまうことになりますが、ビットコインで資産を持っていると、国の経済状況が変わろうが価値に何の影響もありません。こうした特徴を考慮すると、資産の一部をビットコインに替えておくことはリスク分散としても意味がありますね。

ビットコインは全世界で使用できる暗号通貨で通貨の発行や取引はすべてP2Pのネットワーク上で行われています。